弘栄流家造りhouse building
HOME弘栄流家造り > 木の家
木の家
写真
木材

ぎふの木で家をつくることは、ぎふの森や自然を守ることになります。しっかりと育った木をちゃんと利用し、新たな木を植えることではじめて、環境にも防災にも大きな役割を果たす健全な森林づくりができるのです。

さらに、木の家は自然環境だけでなく、住環境にも大きな良さがあります。湿度が40%から80%に上がると、長さ3メートル、10センチ角の木は1本あたり約1.2リットルもの湿気を吸収してくれます。自然環境、住環境ともに優しい木の家を体感してください。

弘栄の構造材は「ぎふ性能表示材」を使用しています
岐阜県が定めた基準をクリアした県産材


ライン
写真
健康

木の家はあなたの健康に大きく役立ちます。手触りやぬくもりといった感覚的なことではありません。

目を閉じて木に触れただけで、血圧の低下が見られるという研究報告があったり、住宅の床をカーペットから木のフローリングに改装しただけで、7割以上のダニが減少したという調査結果もあります。

また、学校や老人ホームを木造にすると、風邪をひきにくくなる、集中力があがり、疲労度が少なくなるという統計も。木の調湿性や抗菌性が健康につながるのです。


ライン
写真
心

森林浴をすると心が落ち着くのは気のせいではありません。最近の研究で、木の香りは、血圧を低下させ、脈拍の乱れを減少させ、ストレスホルモンを減らす効果があることがわかってきました。

さらに、木材に含まれる精油成分にはストレス低減の効果があることもわかりました。また、スギの箱を使った実験では、箱の外の湿度の高低にかかわらず、箱の中は湿度を一定にする効果が出ました。木の家で暮らすことで、体はもちろん、心もリラックスできるのです。


ライン
写真
耐震

正しく建てられた木の家は、大きな地震にも強いのです。10センチ角の柱が上から支えられる強さはコンクリートが7トン。一方の木は、種類にもよりますが6トンから9トン。木とコンクリートの強度は実はほとんど変わらないのです。

阪神・淡路大震災では、コンクリートのビルや高速道路が崩壊した一方で、現在の耐震基準でつくられた木造住宅はほとんど無傷でした。海外でも同じような事例があり、地盤が割れて落ち込んだ家屋でも、木造住宅は原形がそのままだったといいます。


ライン
写真
構造美

木の家で生きる職人技。伝統建築を数多く手がけてきた実績に加え、若々しい感性にマッチしたシンプルモダンを実現することで、柱や梁の木組みの力強さ、美しさが際立ちます。

木造軸組みの家は、温暖で多湿な日本の気候風土に最適なだけでなく、その卓越した構造美を目にすることで心に安らぎが生まれます。日本古来の伝統技術とモダンなデザインがひとつになった空間で、手づくりを実感してください。

職人が腕によりをかけて、実用的でアートな家をつくります。


ライン
弘栄流家造り~7つのこだわり
^TOP